注目キーワード
  1. 鳶職
  2. 学歴
  3. ブログ

中卒は仕事がない?ベンチャー企業に就職できた僕の体験談

  • 2019年2月20日
  • 2020年12月12日
  • 学歴





株式会社Groのりょうすけです。

「中卒(低学歴)だと仕事がない」このフレーズをこれまで何度も耳にしてきました。

実際に僕も最終学歴は中卒なので、10代の頃は嫌でも意識しながら生活をしていたのを今でも覚えています。

本当に中卒だと仕事がないのか。結論から言うと、中卒(低学歴)でも働くことのできる仕事はたくさんあるんです!

ただし「選択の幅」はかなり狭まるのが現実。

大人たちが口を揃えて「学歴がないと仕事がない」と言うのは、働くことのできる仕事が極端に少なくなってしまうんだよ。って意味が込められているんですよね。

じゃあ、自分は低学歴だし選択肢が少ないのは困る!どうすればいいの?ってなると思うんですが、僕が辿り着いた答えは「受け身よりも攻めの姿勢であれ」と言うことです。

攻めることで、中卒で漢字もろくに書けない僕が「ベストベンチャー100」にも選ばれたことのある会社に就職することができました。

この結果は僕だったからできたとかではなく、攻めの姿勢「積極的な行動力」さえあれば誰だって実現することができ、「選択の幅」を自ら広げる能力が身につくはずです。

働くことのできる仕事の選択の幅を広げる為、実際に僕がどんな攻めの姿勢で普段過ごしているのか体験談を交えて紹介していきます。

 

オススメ動画

ベンチャー企業に就職するまでの経緯

まずベンチャー企業がどんなものなのか、分からない人もいるかと思うので簡単に説明すると、急成長している若い会社のことを呼びます。

僕の勤めていた会社は設立9年目で年商が40億円以上あったので、かなりのスピードで会社が大きくなっていっていることがわかりますね(笑)

僕がそんな急成長を遂げる会社に就職することになったきっかけは、15歳で始めた鳶職の仕事内容に飽きてきたことから始まりました。

作業は毎日同じようなことの繰り返しで代わり映えのない日々、給料はいつまでたっても上がる気配すらない、そんな現状に嫌気が差したので新規事業部を立ち上げて会社の売り上げアップに貢献して収入を増やそう!と思ったんです。

すぐに新しく始める事業を決めることができたので、その日に社長にプレゼンしてその日の夜に取引先の会社まで話を聞きに行きました。

そこで聞いた話と資料を持ち帰り社長に再度プレゼンをしたんですが、乗り気だった社長が奥さんに止められて急に辞めておくと言い出したんです…

僕は新規事業として伸ばしていくき満々だったので後に引かず、鳶職の会社を退職して自分の事業としてやっていくことになったんですが、僕の若さと勢いが気に入られ取締役の方からうちで働いて欲しいとスカウトされ、魅力のある会社だったので引き受けて働くことになりました。

失敗を恐れず行動することで今まで見えていなかった道が切り開かれることがあります。

僕が受け身で居続けた場合、きっと未だに鳶職の会社で給料が上がらないと不満を言いながら毎日を過ごしていたことでしょう。

 

失敗しても仕事は無くならない

全く知らない業界に飛び込むのが怖い…

今の職場以外に自分を雇ってくれる会社なんてあるんだろうか…

って不安に感じていませんか?

今あなたが働いている仕事に就職するときも未経験の業界だったはずですし、あなたを雇ってくれる会社は数え切れないくらいあるので一切心配する必要ないです。

不安がって現状維持のままじゃ、あなたの選択できる幅が広がることはないので消極的な思考になることは長期スパンで考えると損ですよ!

小さなことでもいいので挑戦してみると分かるんですが、今まで考えもしなかったことを考え込むようになったり、今まで見ていた景色がこれまでとは違った風に感じるようになってきます。

こういった現象が起きてきたら、あなたの思考の幅、深さが広がってきている証拠です。

色々な角度で物事を捉えられるようになる→自分の知らなかった職業を知るきっかけになる→気になる職業に必要な経験、スキルを身につけようとする

上記の流れのように、思考に深みが出てくると自然と行動する循環ができスキルを身に着けるきっかけになって、最終的には仕事の幅を広げる行為へと繋がります。

挑戦して失敗しても別に死なないですし、ダメなら前いた会社に戻ればいいだけですし気軽に挑戦するようにしていきましょう。

 

選択の幅を広げるにはスキル習得が手っ取り早い

やりたい仕事が明確なら、その職業に就く為のスキルを覚えましょう。

例えばプログラミングの仕事をしたいのであれば、まずはPCを買ってみてネットで検索して勉強してみる。

僕が今興味のある職業で言えば動画編集の仕事がこれから熱いのではないかと予想しているので、まずは独学で勉強&実践していく予定です。

多少の動画編集スキルが身についた時点で、僕のスキルを売り込み仕事をもらう形をイメージしながら行動しています。

仮にあなたが看護師になりたいのであれば、看護の資格が必要になりますよね?

看護の資格を取るために必要なスキルや経験は調べればすぐに出てくるはずです。

調べれば今あなたが何をすればいいのかはっきりと分かるはずなので、あとは毎日少しずつでいいので目標達成のために行動するだけですよね。

中卒で仕事がないのではなく、根本的に自分のやりたい仕事に就職する方法をあなたが知らないだけのパターンということも考えられるのでまずは何をしたいのか明確にして、その為に必要なスキルを身につけましょう!

何がやりたいのか分からない人は、圧倒的に経験不足です。

些細なことでもいいので挑戦してみて、自分の中に眠る新たな価値観を探してみましょう。

 

最後にまとめ

「中卒は仕事がないのか」について書いてきましたがいかがだったでしょうか?

僕の経験上、中卒だから仕事がないのでなく中卒を言い訳に自分の限界を決めつけてしまっている人がほとんど何じゃないかと思います。

仮にあなたが中卒だけどパイロットになりたいとゆう夢があるのなら、今からでも必要なスキルを学んで一歩ずつ目標に近づいていけばいいだけのはずです。

目標にする仕事に高卒以上の資格が必要なら、高卒の資格を取得すればいいだけの話ですし、みんな「中卒」ってことに囚われすぎなんですよね。

別に30歳の最終学歴「中卒」でも努力すれば大学に入学できますし、21歳の「中卒」でも年商40億円以上の会社にスカウトされることだってあります!

自分自身の可能性を低く見積もらず、積極的に攻めの姿勢であなただけの道を切り開いていきましょう!

 

株式会社Groでは建設業に特化したSNS運用、Web周りのお手伝いをしています!

6年間鳶職をしていた僕だからこそわかる、情報発信のコツや採用に繋がりやすいWeb知識があります。無料相談実施中なのでお気軽にご相談ください!

連絡はこちら

最新情報をチェックしよう!