注目キーワード
  1. 鳶職
  2. 学歴
  3. ブログ

中卒社長の成功例!年商20億円の会社に潜入して仕組みを暴く




株式会社Groのりょうすけです。

この記事では、中卒でありながら年収20億円の会社を経営する方の会社に潜入してみたときの話を暴露しきます!

中卒で年商20億円って結構すごいですよね(笑)

この方は過去にそれなりに苦労されていて、とある物をビジネスに取り入れることで会社を成長させることに成功されました。

一体何を取り入れたのか?

それでは紹介していきたいと思います!

 

オススメ動画

中卒社長が経営する会社に潜入

年商20億円の中卒社長が経営する会社に潜入してみました。

というかただ単に入社したんですが、つまらなかったので2日で辞めたため結果として潜入みたいな形に(笑)

中卒社長の会社に潜入してみた感想は「仕組み化のプロだな」

やはり結果を出しているだけあり、見事な仕組みでした。

事業の内容は詳しくかけないんですが、緊急を要する商品を販売しているのでお客さんは「一刻も早く依頼したい!」と思っている方ばかりです。

そんな緊急性を要するビジネスモデルの何がすごいかって仕事を受注するのに営業をかけないんですよね。

社内には常にお客さんからの相談や見積もり依頼の電話が鳴り響いています。

僕は過去に訪問販売の営業をしていた時期があったので、こうも簡単にお客さんと商談できるのかと本当に感動しました。

訪問販売だと商品の内容を相手に聞いてもらえるのは1日に5人とかなんですけど、潜入した会社は電話をかけてくる全てのお客さんに商品、料金の話まで全て話すことができます。

どんだけ効率良いんだよ!って話ですよね(笑)

受注率も相当高く、検討になったお客さんもだいたいその日のうちにもう一度電話をかけてきて成約に繋がります。

電話対応するのは営業マンではなく事務の人たちで、成約に繋がる為のクロージングもなく、お客さんから「お願い」って言ってくるんですよ。

そして最もこの中卒社長がすごいと僕が感じたところは「集客力」の強さです。

いや、ほんと見事なまでにネットを使いこなします。

ネットの仕組みを理解しているからこそ、web上に的確にネタを仕込んでいき1年くらいで成果が出るようにと常に攻めの姿勢で、挑戦を楽しんでいるようでした。

仕組み化に成功しているので、中卒社長の1日の業務内容はアイデアを考えることがメインのようで自身の時間の確保も上手で、かなり勉強になったのを覚えています!

 

40歳にして年商20億円

40歳にして年商20億円の会社まで成長させた中卒社長でしたが、過去には会社を畳んだ経験の持ち主。

21歳から建設関係の会社を経営されていたようで32歳に一度会社経営を辞め、体に会社経営がしみ込んでいたのか33歳で再度会社を設立しています。

社会に出てから半分以上の時間を経営者として過ごしていた方なので体や頭にしみ込んでいたのでしょうか(笑)

性格はどんなことも自分で失敗しないと納得のいかない性格のようで、これまで数え切れないくらいの失敗をされてきたようです。

現在は3つの会社を経営されているようで、どの会社も伸ばし方は同じ方法と中卒社長本人のブログで述べていました。

3つの会社を設立をしているとなるとビジネスの本質を理解していないとできないことだと思うので、僕ももっと挑戦して経験値を積まなきゃなーと常々思います(笑)

 

ビジネスのフランチャイズ化で1年で急激に成長

先ほどお話した緊急性を要するお客さんをターゲットとした事業を、なんとたったの1年で全国にフランチャイズ支店を立ち上げました。

1年ほどで47店舗の支店を立ち上げ、2019年現在は全国に支店が100店舗あるようです。

僕の潜入ではどうやって短期間で47店舗も増やしたのか詳しく知ることができなかったのですが、中卒社長のこれまでの経歴から僕なりに予想してみました。

この中卒社長は規模の小さな同業社への集客のコンサル、セミナー、メルマガをしており、経営者との人脈が人並み以上にあったのではないかと予想しています。

更には21歳から会社経営をされている方なので昔からの繋がりも大きく役立ち、これまで気づきあげてきた信頼があったからこそ1年間で47店舗の支店を出せた理由ではないんでしょうか。

この予想が正しければ、ビジネスにおいて信頼が如何に大切か、重要さがわかるはずです。

あなたも成功者を目指しているのであれば信頼を日々積み上げてみてください!

中卒でも成功する為のポイント

中卒で成功者になる為には、先人たちの経験から盗めるものはありったけ盗むべきです。

例えば今回の記事のテーマになっている中卒社長は若い頃から失敗を恐れずに挑戦してきました。

ただ失敗しても、改善してまた挑戦することで少しづつでも成功に近づいていった結果が年商20億円の会社経営まで辿り着いた大切な要因のはずです。

僕の知る限り、一度も失敗せずに大きな結果を生み出した人をこれまで見たことがありません。

多くの人が誰かが失敗すると「ほら見ろ」と小馬鹿にしますが、成功する人は失敗を失敗だと思っていない方が多い気がします(笑)

だから懲りずにまた挑戦できるんですよね。そして気が付いた時には失敗の積み重ねで得た経験のおかげで大きな成果を生み出す。

僕の知る限り、必ずと言っていいほど成功者の共通点として当てはまることなので、中卒で成功したいと思っている方はぜひ意識して日々行動してみてください!

 

最後にまとめ

今回は「中卒社長の成功例!年商20億円の会社に潜入して仕組みを暴く」について書いてみました。

年商20億円の会社の社長ともなると、一見華やかな生活をイメージするかもしれませんが僕の見たぶんには、常に仕事のことを考えている仕事大好き人間で休みも少なく仕事が趣味!という感じで、華やかな生活をイメージしていた人は落ち込むかもしれませんね(笑)

ただ現実はいくら会社が大きくなろうが仕事ばかり、そんなものです。

親から継いだ2代目の社長とかでない限り、大概成功している人は仕事大好き人間て多い気がします(笑)

人よりも多い時間仕事に触れていれば、自ずと結果も出やすくなると言えるのかもしれませんね。

経営の世界では学歴一切関係ないので、中卒の僕ももっと精進します!!

 

株式会社Groでは建設業に特化したSNS運用、Web周りのお手伝いをしています!

6年間鳶職をしていた僕だからこそわかる、情報発信のコツや採用に繋がりやすいWeb知識があります。無料相談実施中なのでお気軽にご相談ください!

連絡はこちら

最新情報をチェックしよう!