注目キーワード
  1. 鳶職
  2. 学歴
  3. ブログ

副業でコンビニは長続きしない!オススメできない3つの理由

  • 2019年3月21日
  • 2019年3月21日
  • 副業





こんにちは、りょうすけです。

多くの人が今より少しでも多くの収入を得ようと、副業を考えたことがあるかと思います。

僕も昼間は鳶職人として働き、夜の時間帯での副業を考えたことはあるし、実際に副業をしていた経験があるんですが、「副業を長く続けることはできないなー…」と言うのが働いてみて感じた素直な感想でした。

僕がしていた副業は、夜間のパチンコ屋の清掃。

この記事のタイトルに書いてあるコンビニとは違えど、決まった時間にバイト先まで行き、決められた時間まで働くと言う共通する特徴を持つ仕事の為、今回はわかりやすく説明できるようコンビニで例えて書いていきます。

副業にコンビニをオススメできない理由は3つ。

時間の切り売りにはいつか限界がくる

時給が安い(夜勤だとしてもあまり高くない)

本業への支障

上記3点の理由について深掘りしていきます。




時間の切り売りにはいつか限界がくる

副業でコンビニが長続きしない理由の1つ目は、時間を売ることにはいつか限界がくるといった理由になります。

どういう事かと言うと、体力が続かないよ!って事です。

あなたは「副業 コンビニ」で検索して当記事にたどり着いたはず。

となると、昼間は別のお仕事をされていますよね?昼間働くだけでも体への疲労、負担は大きいはずなのに、夜はコンビニで副業をすれば当然のように体への大きな負担を与えることになります。

僕がパチンコ屋で清掃のアルバイトをしている時は、23時から1時までのたった数時間のみ。数時間にも関わらず、本業の鳶職の仕事が終わってからも時間がかなり空くわけではないので、睡眠をとることができませんでした。(バイトの時間に必ず起こしてくれる人がいるのであれば、また話は変わってきますが。)

副業の終わる時間を早める為には、バイトの時間を早い時間にすることもできるかもしれませんが、僕の場合は本業の終わる時間が不規則だった為、どうしても少し遅めの23時ごろからしか働くことができなかったんですよね。

そして、アルバイトが終わって家に着く頃には1時半ごろ。

そこから風呂に入りすぐに寝たとして2時にようやく就寝することができます。

僕はシフトを週5日で入れていたんですが、朝の5時半に起きて夜の2時に起きる生活は案の定続かず、すぐに副業を辞める羽目になってしまいました。

僕の経験から分かるように副業でコンビニを選ぶ時は、きっと当時の僕みたいに睡眠時間を削ろうとしていませんか?

自分の時間を切り売りするタイプの副業は必ず長続きしません。

なぜなら人の時間は有限であって、コンビニの副業に使う時間のつけが必ず普段の生活に回ってくる為、長い期間を安定して副業でお金を稼ぎ続けたいなら、まずコンビニはオススメできないです。




時給が安い(夜勤だとしてもあまり高くない)

副業でコンビニが長続きしない理由の2つ目が時給に関する問題です。

東京都のコンビニの時給は調べたところ、時給1000円が一番多く目立ちました。

副業でコンビニで働く場合ほとんどが深夜帯での労働になるとして、時給25%増しにして時給1250円。1日に3時間を週4日だとしましょう。

時給1250円×労働3時間×週4日×4週間=月収6万円

本業の収入にプラスで月6万円増えれば確かに金銭的に生活は楽になるはずですが、6万円の対価としてあなたは48時間の時間を払っていることになります。

本業でも8時間以上働き、コンビニでも3時間働いて多くの時間を仕事に費やして月に6万円増えるだけなら、生活費を少しでも安くすることに専念する方が僕はオススメです。

工夫次第で毎月の生活費を1万円くらいなら一瞬で安くできませんか?

スマホの契約は大手三大キャリアから格安SIMに変えるだけで、月々5000円くらいなら平気で安くなります。

あなた以外に家族がいるなら3人で見直せばそれだけで1万5千円です。かかる時間は2〜3時間。

一度あなたの時間を切り売りするだけで毎月1万5千円節約できれば、コンビニでのアルバイトよりもはるかに費用対効果が高くあなたへの負担が少ないはずです。

お金を稼ぐ=仕事をしてお金をもらう

以外にも、

お金を稼ぐ=今までより支出額を減らす

上記の様に、何も時間の切り売りだけが副業ではありません。

あなたの貴重な時間。時間を犠牲にして収入を増やすだけではなく、知識や知恵の1つで効率よく稼ぐことこそが、最も時給の高い副業になるんじゃないかと思います。




副業することでの本業への支障

当記事の始めの方でお話した様に、コンビニの副業は「本業で8時間働いた後+コンビニで数時間のバイト」という様に明らかに長時間労働をしてしまうことになります。

副業を始める前だと「長時間労働も苦じゃない!」と考えがちですが、実際にコンビニなどで副業を始めると明らかに疲れがたまりやすくなるんですよね。

深夜のバイトが原因で以前よりも睡眠時間が減れば、当然の様に昼間の時間帯に眠気がやってきます。

深夜の副業のツケが回ってくる事により、慣れた作業でもいつも以上に時間がかかってしまったり、車を運転する場面では居眠り運転をしてしまうことも。

居眠りや作業効率の低下などで本業に支障が出れば社内での評価を失う可能性が大いにあり得ます。

本来今より少しでも収入を増やそうと副業を始めたつもりが、社内の評価が下がってしまって昇給のチャンスを逃してしまえば、長期的に見ると副業をすることにより本来稼げるはずだった収入をみすみす逃してしまう場合も。

副業が原因で昇給チャンスを逃してしまうくらいなら、副業でいつもより数時間多く働いたつもりで本業に専念し力を入れたほうが結果的に効率よく収入を増やすことに繋がるのではないでしょうか!

 

最後にまとめ

副業でコンビニが長続きしない3つの理由を僕の体験談をもとに説明してきましたが、当記事を読んでいる人の中には「すぐにお金が必要だから働くしかないんだ」という方もきっといますよね。

すぐにお金が必要な様であれば、僕は今の職場からの転職をオススメします。

時間の切り売りにはいつか限界がくるでも書きましたが、やはり時間の切り売りで得る副収入は長く続かず、その場しのぎになることがほとんどです。

体への負担のことも考えると、すぐに今より収入を増やすには給料のいい会社へ転職することが、最も確実に収入を増やすことができ、最も長い期間収入を今より増やすことに繋がるんじゃないでしょうか!

副業を長続きさせるためには、自分の生活リズムに合った副業を見つけることが大切です。

僕はパチンコ屋の清掃バイトは2週間ほどで辞めましたが、2019年3月21日時点で副業歴8ヶ月ほどで自分のライフスタイルに合う働き方を見つけることができました。

副業するなら在宅がオススメ!月5万円稼ぐためにやるべき事で、実際に僕がオススメする副業や副業での得た収入の一部を公開しているのであなたのライフスタイルに合う副業があると嬉しいです。

すけブログ

職人ブロガーのりょうすけです。 家に居ながらも月に5万円、副業で稼げるとしたらあなたはどう思いますか?僕はかなり嬉しいで…

最新情報をチェックしよう!